arica 〜Paper&Design Books〜

arica 〜Paper&Design Books〜

book

全ては船乗りの安全のために。

『おーい、こちら灯台』
とある小さな島のてっぺんにたつ灯台に、

新しい灯台守がやって来ました。

毎日、レンズをみがき、油をつぎたし、
ランプの芯をきりそろえたら、
夜通し明かりが消えないようにぜんまいをまく。
全ては船乗りの安全のために。

しかし、ある時…
 

大変だ! 船が岩にのりあげた!

灯台守はすぐさま助けに向かいました。

時には危険を省みず、船員を助けに体を張ることもある。

決して楽とは言えない、むしろ過酷な仕事。

乗り越えられたのは、そこに家族がいたから…。

電灯が使われるようになるその日まで、灯台守は役目を全うします。

情感溢れる美しいタッチで描かれた、灯台守の灯台でのくらしや仕事のお話は
その印象的な景色とともに、子どもたちの心の記憶の中に刻まれていくかもしれません。

アメリカで最も権威のある児童書の賞であるコールデコット賞に2016年、2019年と2度も受賞している、大切にとっておきたい一冊です。

▼aricaオンラインショップ
https://arica.store/?pid=145666137

Page Top